梅の言葉は長い年月にわたって、季節とともに使われてきた。

春一番に咲くのは梅の花。

「百花魁(ひゃっかさきがけ)」という言葉が
あるように、梅はまだ寒い早春の頃、
他の花より真っ先に咲くといわれています。

忍耐強く花を咲かせるように見えるその姿は、
古くから人々に好まれ愛されてきました。

梅にまつわる言葉は事あるごとにあり、
今でも多くの言葉が使われています。

梅の花咲く早春の頃。
梅の実が大きくなり、色づく初夏の頃。
そして梅雨のころにも。

今回はそんな、梅の言葉について
調べてみることにします。

それでは、いってみましょ^^

梅という言葉

梅はそもそも日本にあったという説もあるよう
ですが、今のところは中国からやってきたと
いう説が有力のようです。

そしてウメという言葉、梅という文字にしても
やはり中国から伝わったということです。
(詳細は別記事にて→ 梅の漢字の成り立ち)

花言葉

梅の言葉というと「花言葉」が浮かびます。

花言葉とは、花や草木に何かしらの意味を
もたせたもの。

このような行いは世界の各地で行われていた
ようですが、ヨーロッパで花言葉という形で
まとまったようです。

しかし人々の思考は各地で異なるもの。
花言葉も同じく、各国で定着するにつれて
それぞれのお国柄が反映されていくのですが、
梅については似たイメージを持つようです。

これについても詳細は別記事に書いている
のでよろしければどうぞ。→「梅の花言葉

伝える言葉

他にも梅にまつわる言葉は、ことわざや故事、
言い伝えや迷信など多くあります。

梅の木・梅の花・梅の実・梅干しに至るまで、
さまざまな「梅」の言葉があるのです。

これらには梅とともに暮らしてきた人々の
思想や信念、教訓などが込められていたり、
生活の知恵や習慣などが現れていたりするのです。
(詳しくは記事下のリンクからどうぞ)

梅の花と別名

春の行事として「お花見」があります。

そもそも花見というものは、
はじめは桜ではなく、梅であったとか。

今でこそ花見といえば桜ですが、
梅の花見は一味違い、やはりいいものです。

桜は4月に対し、梅は2月~3月が花盛り。

時期的に寒いので、そこが少々ネックでは
ありますが、桜と決定的に違うのは「香り」

梅の花見へ行くとよくわかるのですが、
辺りをただよう梅の香りはなんともいえず
心地のよいものです。

梅を現すもの

梅の別名は、和歌などで使われている。

特に梅の花の頃。
直接的に「梅」とはいわず、
別の言葉で梅だということをにおわせる。

それは梅自体のことであったり、
梅を表わす比喩であったり、
梅の佇まいを現すものであったりと
多岐に及び、驚くほどの数がある。

次の項で言葉を一通り紹介しますが、
和歌や俳句、茶などを嗜むか方には
馴染みのある言葉もあるでしょう。

まったく疎い私には初めて見る表現がとても
多く、その字の並びを見たところで検討も
つかない言葉も多くありました。

春先に梅があり、梅が芽吹き、梅の花が咲く
というその状況についてこれだけの言葉がある。

昔の人はなんて表現が豊富なんだろうかと
感心するばかりです。

梅の別名

梅の別名のみならず、梅を現した言葉について
調べられたものだけを次に記載します。

梅の別名・異名
梅早花うめつさばな
香栄草かばえぐさ・こうばえぐさ
香雪こうせつ
木花/木の花/此の花このはな
清友せいゆう名花十友(めいかじゅうゆう)に由来する。
君子くんし梅は四君子(梅・菊・蘭・竹)のひとつ。
君子香くんしこう
氷花ひょうか
清客せいかく
雪魂せっこん
雪中君子せっちゅうくんし
雪中高士せっちゅうこうし
初花草はつはなぐさ
花兄/花の兄はなのあに
花待草はなまちぐさ
氷魂ひょうこん
木母もくぼ梅を分解した言葉。木公を松とするのと同じ。
藻塩草もしおぐさ他にヤマブキ・アマモ・シバナの別称でもある。
雪君せっくん
逸民いつみん俗世を離れて住んでいる人。
花魁かかい梅の別名にして蘭の別名であり蓮の花のこと。
また、遊女。
花儒者はなじゅしゃ
朽木くちき
玉骨ぎょっこつ貴人・美人の骨、梅の幹枝をたとえる言葉。
玉蘂ぎょくずい
孤山こざんただ離れてある山。
好文木こうぶんぼく学問に勤しむと梅の花が咲いたことから。
香散見草かざみぐさ
春告草はるつげぐさ
初名草はつなぐさ寒梅の異称。
世外佳人せがいかじん世外とは、俗世間をはなれたところ。俗世を脱した境遇。佳人とは、美しい人。
匂草においぐさ
百花魁ひゃっかさきがけ
風待草かざまちぐさ・かぜまちぐさ
緑花みどりのはな
杣婆

以上ですが、まだ他にもあるようです…!

梅雨にまつわる言葉

「ツユ」あるいは「バイウ」という言葉は
何故、梅の雨と書くのか。

梅雨の文字

梅雨という文字が使われるのは、
梅の実がなる頃だからという説があり、
梅の実が黄色く熟す頃なので
黄梅雨(こうばいう・きつゆ)とも書く。

また、ツユはジメジメと湿気が籠もり
黴(かび)の生えやすい時期の雨なので、
黴雨(つゆ・ばいう)と書く字もある。

これらの漢字は古くから中国で使われており、
日本へもそのまま伝わったのではないかと
いうことです。

黴雨の頃…というと、実に嫌な季節だと
思いますが、梅雨の頃…というと何故か
そんなに悪くもない気がします。

字面としても「梅雨」と記すのが美しい。

ちょっとしたことですが、生活する上では
少しでも気楽なほうがいいですよね。

梅雨の言葉

梅雨の言葉について調べてみると、
梅雨どきに使われる言葉がいくつか
ありましたので紹介します。

梅雨にまつわる言葉
梅雨/黴雨つゆ梅の実が熟す頃に降る雨。または黄梅雨とも書く。
カビが付きやすい時期の雨。
入梅ついり・にゅうばい雑節のひとつ。
梅雨入りつゆいり長雨の時節。入梅。
梅雨明けつゆあけ出梅(しゅつばい)
梅天ばいてんつゆぞら。
梅霖ばいりん梅雨。さみだれのこと。
走り梅雨梅雨の前触れに雨が続くこと。
空梅雨からつゆ梅雨の間に雨が少ないこと。てりつゆ。
菜種梅雨なたねつゆ菜の花が咲く3月下旬から4月上旬の頃の長雨。
山茶花梅雨さざんかつゆさざんかが咲く11月下旬から12月上旬ころの長雨。
五月闇さつきやみ梅雨の時期の夜の暗さ。またそのくらやみ。
五月雨さみだれ梅雨。さみだれ。
五月晴れさつきばれ梅雨の間に見られる晴れ間。
現在では5月のよく晴れた空のこと。
※今と以前とで意味合いが異なる。
黒南風くろはえ梅雨初めの暗い空に吹く南風。
荒南風あらはえ梅雨の中盤ころの強い南風。
白南風しろはえ梅雨が明ける頃に吹く南風。

後半の言葉は梅の字は入っていないのですが、
梅雨にまつわる言葉なので入れておきました。

雨というのも、一言「雨」で済むものですが、
どんなときに降る雨なのかという違いにより
表現はさまざまにあるものですね。

月の異称

梅の名が付く月がある。
それは梅の花の頃だったり、梅の実の頃。

これらの言葉は「梅ありき」で季節を表現したもの。

梅と名の付く月の異称には、
次のようなものがあります。

月の異称
梅見月うめみつき・うめみづき陰暦2月の異称
梅つ五月
梅津五月
梅津早月
うめつさつき陰暦2月の異称
梅つ月
梅津月
うめつつき・うめつづき陰暦2月の異称
乾梅けんばい陰暦4月の異名
梅月ばいげつ陰暦4月または5月の異称。
梅の色月
梅色月
うめのいろづき陰暦5月の異称
梅夏ばいか陰暦5月の異称
梅天ばいてん陰暦5月の異称
紅梅月こうばいづき陰暦9月の異称
梅初月うめはつづき陰暦12月の異称、梅が咲き始める頃の月。

ここでは「梅」を含んでいる月の異称だけを
紹介しましたが、他にも山ほどの数があるので
驚きです。
興味のある方はググってみてくださいな。

後記

さて今回は、梅にまつわる言葉について
調べてみました。

梅の言葉。
梅の名の付く言葉はけっこうあるものですね。

昔は暮らす環境やら地域によっての差などが
現代より多くあったでしょう。

言葉の表現も違えば少々意味が違うなどという
こともあったはず。
どこかに偏るということが今より多くなく、
今より多様性があったのかもしれないな~と。

今使われている言葉は機能的で明確だったり
するけれど、逆に大雑把で何でもかんでも
まるっと一緒にしてしまったりと、
表現については単純になっているのかなと。

何にしても余裕(と学)がなければ、
細やかな表現や暗に意味を示すなどという
言葉遊び的な言葉を使うのもむずかしいもの。

昔のさまざまな表現は雅で美しいけれど、
現代で日常的に使うには少々合わないですよね。

しかしたまにはそんな言葉に触れて、
昔の美意識に浸ってみるのもいいものです。

それでは今回はこのへんで。
ここまでおつきあいくださいまして
ありがとうございます。

梅の言葉を季節とともに感じてみましょう~
ヽ(´ー`)ノ

梅の言葉

梅にまつわる故事から、当時の人の生活や意識が垣間見える。

梅の故事は中国と日本にあって、当時の出来事から人々の生活や考え方などが垣間見える。昔と今と、時代ごとに移りゆくものが多くあるなか、変わらないこともまたあるもの。梅にまつわる故事のなかの登場人物たちは、現代の私たちと特別異なることなく親近感を覚える。
梅の言葉

梅にまつわる言い伝えには、神様がらみの不思議ごともある。

梅にまつわる言い伝えのなかには、迷信とされるものも多い。しかしそれらは何かしらの意味があって続いてきているのでしょうから、理由がわからないことには割り切れない。梅の言い伝えには天神さまの名が出るものもあり、神さまがらみとなれば安易に無視もできない。
梅の言葉

梅干しのことわざには、体にいいよ~というものが多いけど…

梅干しのことわざに言われていることは、体にいいよ~というものが多い。けれども現代のそれは、本来とはあまりに製法が異なるものがあり、とても同じものとはいいがたい。梅干しのことわざにあるのは昔の常識。当時とあまりに違えば効果はいかなものかと思うばかり。
梅の言葉

梅のことわざは幾つもあるが、花は称賛、木は少々頼りない。

梅のことわざは幾つもある。花は称賛され、桜と並べ比べられ、木は少し頼りなく思われている部分があるようです。昔の人はよく植物を見て比較しているものだと感心します。梅のことわざは、慣習からできたような言葉以外に、漢詩や歌などが元になっているものも多い。
梅の言葉

梅は三毒を断つ。この言葉は平安時代の書物に記されていた。

梅は三毒を断つ。この言葉はすでに平安時代の医学書である「医心方」に記されている。中医学によると、血毒・水毒・食毒は滞りを示すもので、これが過ぎれば体に害となる。梅は三毒を絶つということから、これらはウメにより解毒され解消することができるというもの。
梅の言葉

梅干しは酸っぱいか、しょっぱいのか?それは人によりけり。

梅干しは酸っぱい、それともしょっぱい?味の好みは人それぞれで、食べ慣れているものが1番おいしいと感じるもの。普段どんな味のものを選んでいるのかで、表現は変わる。梅干しは酸っぱいか、しょっぱいのか。近年ではそれに加えて、甘いという言葉が出てきている。
梅の言葉

桃栗三年柿八年。では梅は?この続きもいろいろあるのです。

桃栗三年柿八年、梅は酸いすい十三年。このことわざは古くからある。言葉遊びとして使われ、さまざまに派生しているが、これには文面通りだけでなく深い意味があるのです。 桃栗三年、梅は13年。まだ先には続きがあり、にこにこ林檎や三十年という銀杏が控えている。
梅の言葉

梅に鶯。この聞き慣れた言葉には、一体何があるのでしょう。

梅に鶯。この言葉の取り合わせはその昔、中国からもたらされたという説がある。しかしこれが根付き、長く親しまれているからには、惹きつけられるものがあるはずなのです。梅に鶯。日本人が自然に受け入れ馴染むのは、生まれ育った環境にある風情だからなのでしょう。
梅の言葉

塩梅の語源は諸説あり。似た言葉との混同もあって今に至る。

塩梅の語源は諸説ある。味付けに関わるものと、もう一つは意外なところから。字面からすると不釣り合いな感じを受けるが、ニュアンスからすれば、しっくりくるものがある。塩梅の語源から、似た言葉との混同もあって、読みに変化が加わり広い意味を持つようになった。
梅の言葉

梅干しにカビが生えると…という迷信。これは戒めなのです。

梅干しにカビがつくと…というのは迷信である。腐らせてしまったからといって必ずしも身内によくないことが起こったり、不幸があるというわけではなく、恐れるに足りない。梅干しがカビるのはよくあること。迷信に振り回されることなく、戒めとして受け止めましょう。
タイトルとURLをコピーしました