梅酒 作り方

梅酒の作り方は簡単。基本的な材料は、梅以外には焼酎と氷砂糖だけ。これも好みによって替えたりして作ることができるので、アレンジしようとすればいろいろできて楽しい。梅酒は作り方が決まっているので難しくなく、アルコール漬けなので傷みにくいのもいいところ。

梅酒 作り方

梅酒を漬けるお酒を、たまには変えてみるのも新たな楽しみ。

梅酒はお酒なので、酒税法での制限がある。けれどその範囲内では自由に作ることができるので、定番のホワイトリカーばかりでなく、別の種類を試してみるのもいいでしょう。梅酒を漬けられるお酒は意外とたくさんある。それぞれの特徴から、好みで選んで使ってみよう。
梅酒 作り方

梅酒を漬ける焼酎は何を選ぶ?向いている条件とダメなお酒。

梅酒を漬けるための焼酎は、無味無臭でクセがないものが推奨される。なぜなら風味を損なわないため。そして保存性を高めるためには、アルコールの強いものがおすすめです。梅酒に用いる焼酎はホワイトリカーが主流だけど、豊富な種類から好みで選ぶのもいいでしょう。
梅酒 作り方

梅酒の砂糖は必要か。これは味にも質にも関わる重要なもの。

梅酒に入れる砂糖。これはお決まりで氷砂糖がいいとされる。それは適切な性質があり、おいしく作るには外せないものといわれる。そして糖質も同じく、必要があってのこと。梅酒の砂糖の量は基本的に好みだが、少なすぎると酸味が強く感じられ、やはり微妙な味になる。
梅酒 作り方

梅酒に使うのは青梅がいいの?熟した梅じゃ、だめなのかな。

梅酒は青梅を使って漬けるもの。それが当たり前になっているけれど、実際はどうなのでしょう。具体的な理由を調べてみたが、作りやすく失敗しにくいためなのかもしれない。梅酒は青梅でも熟した梅でも、どちらもまた別の味わいに仕上がるので、それぞれ試してみよう。
梅酒 作り方

梅酒の漬け方は簡単。基本に沿って作るならまず失敗はない。

梅酒の漬け方は、梅の加工の中では簡単な部類に入る。基本を守って丁寧に工程を進んでいけば、失敗する余地はあまりない。仕込んだ後の手間ヒマも、最も少なく傷みにくい。梅酒の漬け方のコツとして特別なものはなく、共通して消毒と水切りをよくするということだけ。
タイトルとURLをコピーしました