梅酒

梅酒は市販のものもあるけれど、家庭で手作りするのも簡単なので、ぜひ一度は挑戦してほしいもの。基本を守って漬け込むだけで、まず失敗することはほとんどないでしょう。梅酒は材料を変えてみるのも面白いしアレンジ次第でいろいろな飲み方ができるのもいいですね。

梅酒

梅酒に使うお酒を変えたいときに知っておきたい特徴と酒税法

梅酒はお酒なので、酒税法での制限がある。けれどもその範囲内で自由に作ることができるので、定番のホワイトリカーばかりでなく、別の種類を試してみるのもいいでしょう。梅酒を漬けられるお酒は意外とたくさんある。それぞれの特徴から、好みで選んで使ってみよう。
梅酒

梅酒を漬ける焼酎は何を選ぶ?いい条件と使っちゃダメなお酒

梅酒を漬けるための焼酎は、無味無臭でクセがないものが推奨される。なぜなら風味を損なわないため。そして保存性を高めるためには、アルコールの強いものがおすすめです。梅酒に用いる焼酎はホワイトリカーが主流だけど、豊富な種類から好みで選ぶのもいいでしょう。
梅酒

梅酒の砂糖は必要で、これは味にも質にも関わる重要なもの。

梅酒に入れる砂糖。これはお決まりで氷砂糖が最適といわれている。それは適切な性質があり、おいしく作るには外せないもの。また糖質も同じく、必要あってのものなのです。梅酒の砂糖の量は好みだけれど、少なすぎると酸味が強く感じられて、微妙な味になってしまう。
梅酒

梅酒には青梅がいい?黄色く熟した梅は使えるのか、その理由

梅酒は青梅を使って漬けるものという認識があり、それが当たり前のようになっているけれど、じつはそうではなく、好みの状態の梅で作っていいのだということがわかります。梅酒は青梅と熟した梅でどちらも違う風味に仕上がるので、それぞれ試してみるといいでしょう。
梅酒

梅酒の作り方は簡単!仕込んで放置、失敗しない季節の楽しみ

梅酒の作り方は、梅の加工の中で一番簡単。基本を守って丁寧に漬け込むだけで、失敗する余地はほとんどない。仕込んだ後の手間ヒマもいらず、保存するにもそのままでいい。梅酒の作り方のコツとして特別なものはなく、出来上がれば長年置いても傷まないので重宝する。
タイトルとURLをコピーしました