梅干しの作り方で何より大事なのは、まず基本をおさえること

梅の実を使って何かを手作りするとしたら。
一番人気はやはり「梅干し」でしょうか。

私が毎年梅干しを作っていることを知人が
知ると、作ったことがない人からは

「すごいねぇ」もしくは、
「梅干しって作るの難しいでしょ?」

たいていそう言われます。
けれども特別にすごいことも、むずかしい
ことでもないのですよ。

私はそもそも、段取りとか手早くとか言われ
る料理とかは苦手で、やらなきゃ!と思うと
あたふたしちゃって進まないのです。

そんな私もできる梅干し作り(笑)

一度やってみてドキドキでも、
二度やったらちょっとわかってきます。

三度目には慣れてくるけど、
気を抜いたら失敗するので慎重に(^^;)

何度かやると慣れっこですが、やはり
やっていて楽しいことがなによりです。

毎年梅の季節になると、あれもこれも
やってみたい!と思うのです。

なのでたとえ初めてであっても、
何ら気負うこともないのですよ。

慣れないうちは気を付けて、丁寧に工程を
こなすこと。ただそれだけ。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
○このカテゴリー記事では、初心者さんが
梅干し作りをする上で知っておくといい
かな~、ということを書き綴っています。

具体的な梅干しの作り方については、
記事下のリンクから飛べるのでどうぞ~。
-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

梅干し作りをする上で

梅干し作りの方法は一つではない。

このことが、梅干し作りにおいて困難なこと
の一つかもしれないですね。

梅干し作りの基本というのは大筋では同じ。
しかしちょっとずつ違うことがある。

物事は一つではなく多数の選択肢があると
いうのは当然のことではあるのですが、
初心者さんにはこれが悩みのタネとなります^^;

まずは梅干しの作り方っていろいろあるんだ
な~、くらいに思っておくといいでしょう。

これが絶対!これが正しい!なんてものは
ないので、気楽にやってみることです。

梅干し作りで必要なこと

梅干し作りにおいて大事なのは、
次の3つくらいかな~と思います。

・丁寧に工程をこなす
・梅の状態をよく見てあげる
・飛び交う情報に惑わされない

丁寧に工程をこなす

梅干しを作るコツもこれに似たようなこと
なのですが、必要最低限のことをしっかり
抑えておくと失敗は避けられます。

何をやるにしても同じですね。

ここは外せない、という必要最低限のことは
やっていくうちにわかるようになるのですが
初めはわからない。

それでも基本とされる工程を丁寧にこなし、
ひとつずつ確認していくだけでも
「外せない」部分を外さなくて済むのです。

こういった意味で、丁寧に工程をこなす
ことは基本をおさえることであり、
失敗しないための確実な方法なのです。

初めのうちは面倒だと思うことでも、
慣れてくるとなんてことないもの。

手を抜いたことによって、腐敗の徴候が出て
しまい立て直しをしたり、失敗して後片付け
が大変になることのほうが面倒くさい。

ひとつずつ丁寧に工程をこなすことが、
結果的に一番無駄がなく効率がいいのです。

梅の状態をよく見てあげる

梅の状態をよく見ていると、
梅の変化がよくわかります。

初めてのときにはよくわからないから、
そのちょっとした変化にドキドキして
疲れるかもしれない。

大丈夫かな~と心配になるかもしれない。

しかしよくよく見て慣れておくと、
梅がどう変化して漬かっていくのかが
わかるようになるし、なにかしらの変化が
あれば気付けるようになる。

これが大事です。

毎年毎年、繰り返し見ていると、
その変化が放っておいていいものなのか、
対処が必要なものなのかも判ってくる。

たまーにしか見ていないと、
異常ではないのに見慣れない変化が出ると
びっくりして慌ててしまう…ということも^^

それに、もしものときには対処が遅れて
しまうこともありますからね。

飛び交う情報に惑わされない

これはけっこうありがちかなと思います。

今のネット社会では情報がとても多く、
検索すれば大概のものは出てきます。

それが全て同じ情報ならいいのですが、
そうはいきませんよね。

情報が多いことは好ましいのですが、
反面、情報によってやり方が違ったりする
ことで初心者さんは混乱してしまいます。

初めてやることについては特に、
何がよくて何が違うのかという判断が
つかないものなので、不安になるのも
当然のことです。

梅干しを作るにしても、
作っている途中でやり方の違う情報を見て
しまうと、本当に合っているのかと惑わされ
てしまうことも。

そして途中から違うことをやってしまって
失敗することも大いにありえるのです。

何をするにしても同じですが、
初めて何かを作る場合には、まず一つの
情報のみをたどって完結させること。

もちろん別の情報を参考として見るのは
いいことですが、そこで目移りして別の
ことをやってしまわないこと。

これはすごく大事なことです。

でないと、何か不具合が出た時に、
どこからどうやってどうしたのか?
どこが間違いだったのかがわからなくなる。

そして完全に失敗してしまうと、
もうやる気をなくてしまいますよね。

それはせっかくのやる気と食材の無駄使いに
なりますので、充分に気を付けましょう。

スポンサーリンク

梅干しに関しての用語

ここで、梅干し作りで出てくる用語について書いておきます。

私もあまり使わない言葉もありますが、
他のサイトや書籍ではよく使われている言葉
も合わせて、知っておくといいでしょう。

・梅酢(赤梅酢と白梅酢)
・梅干し(白梅干しと赤梅干し)
・梅漬け

梅酢(うめず)とは

梅を塩漬けにすると梅から水分が出てくる。
これを梅酢といいます。

この梅酢は梅の成分である強い酸味と塩分
とが合さっているために、とても塩っぱくて
酸っぱいもの。

梅酢の用途は多様にあるので、
梅干し完成後には残しておくと重宝します。

梅酢は調味料として使ったり、
漬物の漬け液としても使える。

そしてもしもの時には、薬のような役目も
果たしてくれるすぐれもの。

(1) 白梅酢

梅の成分と塩分だけの梅酢。

実際の色は白いわけではなく、
ほんのり黄、あるいは赤みを帯びている。
これは梅の熟度や品種によって違いが出る。

赤梅酢の赤に対して、白と使われる言葉。

(2) 赤梅酢

梅と塩に、赤紫蘇が入ったときの梅酢。

これは文字通りに、赤紫蘇の色素で赤い色を
している。
色の濃さは赤紫蘇の色づき具合や量による。

梅干しとは

梅を塩漬けにしたのち、天日で干したもの。

市販の梅干しはこう定義されていますが、
一般的に梅干しと呼ばれているもののなか
には、塩以外で漬けられているものもある。

最終的に干していれば(乾燥させていれば?)
梅干しと言われているようでもあります。

(1) 白梅干し

赤紫蘇を入れていない梅干しのこと。

赤紫蘇を入れる赤梅干しに対し、
白梅干しという。また、白干しとも。

関東では赤紫蘇を入れないために、
別名、関東干しとも言うようです。

色は白いわけではなく、梅本来の色。
干すと茶色っぽい色になる。

熟した梅で作った場合は赤茶色っぽく。
青梅で作ると緑がかった灰茶色?みたいな
色になる。

(2) 赤梅干し

赤紫蘇を入れた梅干しのこと。

本来の梅干しは塩のみで漬けた梅を干した
ものだが、のちに鮮やかな赤色を付けるため
に赤紫蘇を入れて漬けるようになったとか。

梅漬けとは

主に梅を塩漬けにしたもの。
他に塩以外で漬けたものも梅漬けという。

梅漬けは基本的に干さない。

干したものは総じて梅干しともいうし、
干さないものを総じて梅漬けともいう。

市販品には決まりがあるが、
そうでないものの呼び名は地方でも違うし、
曖昧でけっこういいかげんでもあります。

梅干しを作ろう

梅干し作りに関しては、工程も多いために
難しいイメージしかないかも知れない。

しかし実際にやってみると、
意外と簡単なものです。

梅干しが出来上がれば、その梅干しを
おにぎりにしたり料理に入れてみたり、
お茶漬けにしたり…用途は自由。

そして梅干し作りの副産物として残る、
梅酢や赤紫蘇なども余すこと無く使うことが
できるので、あればとても役立つものです。

通常の塩分濃度(18~20%以上)で漬けて干した
梅干しは、基本的に傷む心配も少ない。

消費期限などの心配をせずに、
使いたい時に使うことができる
とても便利な常備食となります。

梅干しを作るための詳しいアレコレは、
下記の記事にて書いています。

試しに少量から漬けることもできるので、
是非挑戦してみましょ~ヽ(´ー`)ノ

梅干しの作り方

梅干しは青い梅では作れないの?その理由とホントのところ。

梅干しは青い梅ではなく、熟したものを使いましょう。よく、こんなふうに書いてあるのを見かけますよね。それは何故なのかと考えてみると、それなりの理由があるようです。梅干しは青い梅でも作ることができる。その食感や味わいは、普通のものとはまた別物なのです。
梅干しの作り方

梅干しを漬ける塩はどんなものが向いている?その性質と種類

梅干しを漬けるときの塩は、実のところ何でもかまわないのです。しかし作りやすいかどうかという点で、やはり向き不向きがあるために、適したものを選ぶ方がいいでしょう。梅干しを漬けるための塩は、梅をカビさせたり腐食させないために効率のいいものが合うのです。
梅干しの作り方

梅干しの塩の分量は、基本がわかれば好みの割合で漬けられる

梅干しの塩の分量は、保存性を考えて減らさないのが基本。しかし漬け込み時に、梅を傷ませないためのコツがわかっていれば、代替えの材料を使うことで減塩する事ができる。梅干しの塩の分量を制限する必要があるならば、その方法で割合を調整して作れば失敗しにくい。
梅干しの作り方

梅干しを漬ける量はどのくらい?基準をつくって考えてみよう

梅干しを漬ける量は人それぞれ。初めて作る時や、家族の人数や用途、一年分でどのくらい必要なのか。数から重量を計算したり、色々な方向から考えてみることにしましょう。梅干しを一度に漬ける量は、どういう作り方をするかでも違うし、保存性についても考慮します。
梅干しの作り方

梅干しのビニール袋での作り方は、特別な道具もいらず簡単。

梅干しをビニール袋で漬ける作り方は、特別な道具などを使わず、少ない量で試すことができる。初心者でも、とても気楽に始めることができて、思いのほか簡単でお手軽です。梅干しのビニールでの作り方は、管理なども楽なので、あまり家に居ない多忙な人でも大丈夫。
梅干しの作り方

梅の下ごしらえは、その後の漬け具合を決める大事な下準備。

梅の下ごしらえは、つくる前に淡々とこなす作業ではあるけれども、その方法によっては失敗したりカビを出してしまったりと、漬け具合を左右する重要な下準備でもあります。梅の下ごしらえは思いのほか大事なので、手を抜くこと無く丁寧に進めるほうが後が楽なのです。
梅干しの作り方

梅干の瓶での漬け方は、中が見えやすいので初心者もオススメ

梅干しの瓶での漬け方は、中身が見えるために状況がわかりやすく初心者にもおすすめです。できるだけ失敗しないで作れるように、こと細かく工程や説明などを記述しました。梅干の瓶での漬け方は蓋を開けてみなくても梅の変化がわかるので、とても安心で便利なのです。
梅干しの作り方

梅干しづくりのコツは、少し気をつけて基本をおさえること。

梅干の作り方のコツはとにかく梅をカビさせないこと。それには菌を減らし増やさないことが大切。それを踏まえた上で、工程の細かいことに気をつければ、失敗は避けられる。梅干づくりのコツはこれといって大きなことでなく、基本を押さえていれば間違いないものです。
梅干しの作り方

梅干しの工程で迷わないために、全体の流れを掴んでおこう。

梅干しの工程を書き出してみると結構な量になる。 けれど全てを一度に行うわけでなく、期間がながく空く部分もあるので、 ひとつずつの作業は見た目ほど大変ではないのです。 梅干しの工程は多いため、全ての流れをわかっているほうが迷いにくく、 失敗も少ないものです。
梅干しの作り方

梅干しを作る時期は梅の旬、地域で出回る頃を把握しておこう

梅干しを作る時期は、梅の旬。毎年ほぼ同じ頃。しっかり把握していれば、うっかり買い逃してしまうことは少ない。青梅~黄梅、赤紫蘇が出回るタイミングまで知りましょう。梅干しを作る時期は、気候差により地域によってずれがあり、漬ける順も変わる場合があります。
タイトルとURLをコピーしました