梅干しの作り方で何より大事なのは、まず基本をおさえること

梅干し作りの方法は一つではない。

ということをまず知っておきましょう。

どの方法が正解?間違いない?という
見方をしていると、混乱して失敗してしまう
ことになりかねないからです。

 

梅干しの作り方の情報は沢山あって、
地域により人によりそれぞれ異なります。

梅干しの作り方は
大筋では同じものが多いのですが、
なかには真逆の全く異なる作り方も
あるのですよね。

 

これが初心者さんには
悩みのタネとなることも…。

 

「正解」に固執してしまうと、
違う方法を見かけたときに混乱してしまう。

そして途中から違う方法を取り入れてしまい
結局失敗してしまう。

 

そんなこともあるので、

まずは
「一つの方法を選んで最後までやり遂げる」
ことが大事です。

 

なので、
梅干しの作り方っていろいろあるんだな~
どの方法でやろうかな~

くらいに軽く思っておくといいでしょう。

梅干しを漬ける時期と期間

梅干しを漬ける時期は
梅の実が出回る時期。

日本全国で地域差はありますが、
西側ではだいたい5月から6月あたりの期間。
東や北方面では7月くらいまであるようです。

梅干しは通常、熟した梅を使うので
この期間の半ばから末あたりの頃に
漬けるようになります。

 

詳しくはこちらの記事へどうぞ

梅干し作りをする上で

梅干し作りにおいて大事なのは、
次の3つくらいかな~と思います。

  • 丁寧に工程をこなす
  • 梅の状態をよく見てあげる
  • 飛び交う情報に惑わされない

何をやるにしても同じですね。

 

基本とされる工程を丁寧にこなし、
ひとつずつ確認していくだけでも
失敗は減らせます。

ひとつずつ丁寧に工程をこなすことが
結果的に一番無駄がなく効率がいいのです。

 

そして、梅の変化をよく見ておくこと。

漬かる過程の変化がわかるようになるし、
そのなかで、異変が出れば早く気付ける。

これが大事です。

 

もしものときには
対処が早い方がいいですからね。

 

梅干し作りについてのあれこれ。
詳細記事は次からどうぞ~。

梅干しの作り方

冒頭で、梅干しの作り方は一つではない
ということを書きました。

初めて何かを作る場合には、
まず一つの情報をたどって完結させること。

 

もちろん別の情報を参考として見るのは
いいことですが、そこで目移りして
別のことをやってしまわないこと。

 

途中で違うことをすることで失敗して
しまうこともあるし、

問題が出た場合に
何が原因なのかがわからなくなる。

するとまた同じ失敗をしてしまったり、
もう作りたくないと思ってしまうかも。

 

なのでいろいろな情報を見たとしても、
最終的に一つの方法(レシピ)に決めて
一通りその方法で作ってみることを
おすすめします。

 

《初心者さん向けの梅干しの漬け方》

一番簡単で手間が少なく失敗しにくいのは
ビニール袋で漬ける梅干しかな。

スポンサーリンク

梅干しをつける量

いざ、梅干しを漬けようとするときに…

どのくらいの量をつければいいの?
なんて思うことがないでしょうか。

 

梅干しを漬ける量は人それぞれで、
試しに漬けてみたければ
少量の1~2kg程度が適量かな。

多くの量を漬けたい場合には、
一年中食べられる量とか
人にもおすそ分けしたいから…とか。

理由はいろいろあるでしょう。

 

じゃあその量を漬けるなら、
どんな漬け方をすればいいのかな~

そんな梅の量にまつわるあれこれ。

詳細の記事は次からどうぞ。

梅干しに適した塩と塩の量

梅干しを漬けるときに欠かせない、塩。

梅干しにとって塩はとても重要。

 

使う塩の量や塩の種類などで、
味はもちろんのこと
保存性なども変わってくるのです。

そんな大切な塩。

 

通常は普段使っている塩を使えば
いいのですけど、

特殊な塩を使うなどすると
うまくいかないこともある。

選ぶ塩によっては足りなかったり
することもあるのです。

 

そんなこんなを書いた記事は
次からどうぞ~。

梅干しを作ろう

梅干し作りは工程が多いために
むずかしいイメージがあるかも知れない。

しかし実際にやってみると
意外と簡単なものです。

 

梅干しが出来上がれば、その梅干しを
おにぎりに入れたりお茶漬けにしたり
料理に使ってみたり…用途は自由。

 

そして梅干し作りの副産物として残る、
梅酢(梅を漬けて出た汁)や赤紫蘇なども

余すこと無く使うことができるので
あればとても役立つものです。

 

通常の塩分濃度(18~20%以上)で
漬けて干した梅干しは
常温でも傷んでしまう心配も少ない。

消費期限などの心配をせずに
使いたい時に使うことができる。

とても便利な常備食となり
非常食にもなるのでなかなか重宝しますよ。

 

試しに少量から漬けることもできるので、
是非挑戦してみましょ~ヽ(´ー`)ノ

梅干しの作り方

梅干しは青い梅では作れないの?その理由とホントのところ。

梅干しは青い梅ではなく、熟したものを使いましょう。よく、こんなふうに書いてあるのを見かけますよね。それは何故なのかと考えてみると、それなりの理由があるようです。梅干しは青い梅でも作ることができる。その食感や味わいは、普通のものとはまた別物なのです。
梅干しの作り方

梅干しを漬ける塩はどんなものが向いている?その性質と種類

梅干しを漬けるときの塩は、実のところ何でもかまわないのです。しかし作りやすいかどうかという点で、やはり向き不向きがあるために、適したものを選ぶ方がいいでしょう。梅干しを漬けるための塩は、梅をカビさせたり腐食させないために効率のいいものが合うのです。
梅干しの作り方

梅干しの塩の分量は、基本がわかれば好みの割合で漬けられる

梅干しの塩の分量は、保存性を考えて減らさないのが基本。しかし漬け込み時に、梅を傷ませないためのコツがわかっていれば、代替えの材料を使うことで減塩する事ができる。梅干しの塩の分量を制限する必要があるならば、その方法で割合を調整して作れば失敗しにくい。
梅干しの作り方

梅干しを漬ける量はどのくらい?基準をつくって考えてみよう

梅干しを漬ける量は人それぞれ。初めて作る時や、家族の人数や用途、一年分でどのくらい必要なのか。数から重量を計算したり、色々な方向から考えてみることにしましょう。梅干しを一度に漬ける量は、どういう作り方をするかでも違うし、保存性についても考慮します。
梅干しの作り方

梅干しのビニール袋での作り方は、特別な道具もいらず簡単。

梅干しをビニール袋で漬ける作り方は、特別な道具などを使わず、少ない量で試すことができる。初心者でも、とても気楽に始めることができて、思いのほか簡単でお手軽です。梅干しのビニールでの作り方は、管理なども楽なので、あまり家に居ない多忙な人でも大丈夫。
梅干しの作り方

梅の下ごしらえは、その後の漬け具合を決める大事な下準備。

梅の下ごしらえは、つくる前に淡々とこなす作業ではあるけれども、その方法によっては失敗したりカビを出してしまったりと、漬け具合を左右する重要な下準備でもあります。梅の下ごしらえは思いのほか大事なので、手を抜くこと無く丁寧に進めるほうが後が楽なのです。
梅干しの作り方

梅干の瓶での漬け方は、中が見えやすいので初心者もオススメ

梅干しの瓶での漬け方は、中身が見えるために状況がわかりやすく初心者にもおすすめです。できるだけ失敗しないで作れるように、こと細かく工程や説明などを記述しました。梅干の瓶での漬け方は蓋を開けてみなくても梅の変化がわかるので、とても安心で便利なのです。
梅干しの作り方

梅干しづくりのコツは、少し気をつけて基本をおさえること。

梅干の作り方のコツはとにかく梅をカビさせないこと。それには菌を減らし増やさないことが大切。それを踏まえた上で、工程の細かいことに気をつければ、失敗は避けられる。梅干づくりのコツはこれといって大きなことでなく、基本を押さえていれば間違いないものです。
梅干しの作り方

梅干しの工程で迷わないために、全体の流れを掴んでおこう。

梅干しの工程を書き出してみると結構な量になる。 けれど全てを一度に行うわけでなく、期間がながく空く部分もあるので、 ひとつずつの作業は見た目ほど大変ではないのです。 梅干しの工程は多いため、全ての流れをわかっているほうが迷いにくく、 失敗も少ないものです。
梅干しの作り方

梅干しを作る時期は梅の旬、地域で出回る頃を把握しておこう

梅干しを作る時期は、梅の旬。毎年ほぼ同じ頃。しっかり把握していれば、うっかり買い逃してしまうことは少ない。青梅~黄梅、赤紫蘇が出回るタイミングまで知りましょう。梅干しを作る時期は、気候差により地域によってずれがあり、漬ける順も変わる場合があります。
タイトルとURLをコピーしました