2020-06

梅 シロップ

梅シロップの保存は、砂糖の量以外にも関係するものがある。

梅シロップの保存は、生のままか加熱をするか。冷暗所か冷蔵するかの選択肢がある。そして傷みにくさは、材料や分量の違いもあり、砂糖のみか酢を入れるのかでも差が出る。梅シロップを保存できる期間は、数ヶ月から1年、それ以上などといわれるがこれは条件による。
梅漬け

梅を漬けるときに酢の種類を選ぶなら、ラベルを見ておこう。

梅を漬けるときの酢の種類は、どんなものがいいのか。安易に選んでしまうと、必要な役割を果たせない場合もあるため、ラベルをよく確認するようにしておくといいでしょう。梅に使う、酢の種類によって風味は変わりそうだが、用途によっては影響が残らないこともある。
梅漬け

梅味噌を作るときに使う、味噌の種類はどんなものがいいの。

梅味噌を漬けるための味噌の種類は、普通のものでいい。ただ中にはあまり使わないほうがいいかなと思われるものもある。塩分が極端に少なかったり、添加物が多いものなど。梅味噌を作る上で味噌の種類を選ぶなら、味の好みもあるでしょうけど、傷みにくいことが第一。
梅漬け

梅味噌の発酵はこわくない。その状況と対応を知っておこう。

梅味噌の発酵は、酵母などの菌が生きるために起こすもの。その条件や状況、対応方法を知ることで、心配することなく対処することができるし、失敗したと無駄にせずに済む。梅味噌の発酵はこわくない。慣れてしまえばむしろ有益なので、落ち着いて観察してみましょう。
梅漬け

梅味噌の作り方は二通りあるけど、漬け込む方法がおすすめ。

梅味噌の作り方は、漬け込むか、火を通すか。どちらでもできるけど、味や風味は異なる。前者はフルーティーで爽やか。後者はとろっと濃厚な感じに仕上がり好みはそれぞれ。梅味噌の作り方は簡単だけど、ご飯やおかずに合う調味料として、いろいろ使えてとても役立つ。
梅漬け

梅サワーの作り方は簡単。ドリンクにも料理にも使えて便利。

梅サワーの作り方は簡単で、材料を容器に入れてしばらく漬けておくだけ。発酵もしないし、干す必要もないので手間要らず。液体は酢として料理に使え、割るとドリンクにも。梅サワーの作り方はいろいろあるけれど、基本的にはだいたい同じで、お酢と砂糖があればいい。
梅 シロップ

梅シロップが発酵したらどうするの?させない対策と対処法。

梅シロップが発酵するのは何故なのか。その原因と理由は酵母にあり。これが生きるために糖を餌とし、分解する過程でアルコールと炭酸ガスを発生させる。これを阻止したい。梅シロップが発酵してしまった場合でも、すぐに傷むわけではないので、対処していけば大丈夫。
梅酒 作り方

梅酒の砂糖は必要か。これは味にも質にも関わる重要なもの。

梅酒に入れる砂糖。これはお決まりで氷砂糖がいいとされる。それは適切な性質があり、おいしく作るには外せないものといわれる。そして糖質も同じく、必要があってのこと。梅酒の砂糖の量は基本的に好みだが、少なすぎると酸味が強く感じられ、やはり微妙な味になる。
タイトルとURLをコピーしました