2020-02

梅で失敗

梅干しは塩の量を減らせばカビが付く。それを防ぐためには?

梅干しは塩の量でカビが付くかどうかが変わってくる。しかしいろいろな手法を使って漬けることで、たとえ減塩であっても、それを防いだ上で無事に完成させることができる。梅干しの塩の量が少なくカビが発生しやすいのならば、他のもので補い保存性を高めるしかない。
梅で失敗

梅を使って失敗しないために、3つの基本と注意点を守ろう。

梅で失敗しないためには、基本的にやってはいけないことをしないこと。そのいくつかの注意事項を守りつつ作るのならば、傷んでしまうことなく、仕上がってくれるでしょう。梅を使って失敗しないためには、漬け込んだ後も忘れることなく、様子を見てあげることも大事。
梅の名所

梅の名所|関西1-京都府で観梅できる場所

梅の名所。関西地方の京都府では、平年、2月下旬ころから花が咲き始める。神社や寺院、日本庭園などにもよく見られ、開花時には趣のある風景とともに楽しむことができる。梅の名所で京都といえば、名のある人物ゆかりの古木などもあるので、訪ねてみるといいですね。
梅の名所

梅の名所|関西2-大阪府・兵庫県で観梅できる場所

梅の名所。関西地方の大阪府・兵庫県では、平年、2月中旬頃から開花が始まる。大規模な梅林は少ないが、公園や神社など各地に多数植栽されており、身近に感じられ親しめる。梅の名所で大阪といえば、多品種のある場所がいくつもあり、違いを見比べてみるのも楽しい。
梅の名所

梅の名所|関西3-滋賀・奈良・和歌山県で観梅できる場所

梅の名所。関西地方の滋賀・奈良・和歌山県では、平年、2月上旬から中旬にかけて開花が始まる。大規模な梅林があり、歴史ある古木も多く、言い伝えが残されているものも。梅の名所で関西というと、盆梅展が多く催され、普段目にすることのできない名木を眺められる。
梅の名所

梅の名所|中国-鳥取・島根・岡山・広島・山口県で観梅する

梅の名所。中国地方では、平年、1月下旬から2月上旬にかけて順次開花し始める。規模の大きな梅林は多くないが、気軽に行ける神社や公園などに植栽がされている所もある。梅の名所で中国地方というと、寺院の樹齢数百年の臥龍梅や、菅原道真公の生誕の地などがある。
梅の名所

梅の名所|四国-徳島・香川・愛媛・高知県で観梅できる所

梅の名所。四国は特に愛媛県は比較的開花が早く、平年では1月初旬ころから咲き始める。そして香川・高知・徳島県は、1月下旬から2月上旬頃にかけて順次花開くようです。梅の名所で四国というと、大規模な梅林がいくつかあるが、庭園や神社、公園などにも注目です。
梅の名所

梅の名所|九州1-福岡・佐賀県で観梅できる場所

梅の名所。九州は福岡県・佐賀県では、平年で1月下旬から2月上旬頃にかけて順次開花が始まる。大規模な梅林がいくつかあり、神社や寺院、公園にもよく植栽されている。梅の名所というと、福岡県には御神木「飛梅」の太宰府天満宮があり、他にも歴史ある古木がある。
梅の名所

梅の名所|九州2-長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄

梅の名所。九州地方では平年で1月中旬から下旬頃にかけ、順次開花が始まる。標高差やその年の気温などにより時期は前後するが、概ねこのあたりと見ていればいいでしょう。梅の名所というと、九州のなかでも沖縄は少々珍しく、暖かい地域で育つ品種が植えられている。
梅干しの保存

梅干しを常備しておくと、必要なときに即使えて何かと便利。

梅干しを常備しておくといい理由。毎日の食卓に、調理にお弁当。生活をする上では遠出をしたり災害に遭うことも。そしてなにより、体調不良時の助けになるのが有難いこと。梅干しを常備していると、平凡な日々でも非日常的なできごとにも、変わらず役立ってくれます。
タイトルとURLをコピーしました