2020-02

梅干しの保存

しょっぱい梅干し、利用法も選べて保存も効くから何かと便利

しょっぱい梅干しの利用法はいろいろある。塩が効いてて味がしっかりしているからこその使い方、成分がそのまま残っているために得られることなど、あれば何かと重宝する。しょっぱい梅干しの利用法は多岐にわたるけど、保存期限を気にしなくていいのも、利点の一つ。
梅干しの保存

梅を漬ける容器を消毒するのは必須。それぞれの方法と理由。

梅を漬ける容器は消毒しないと安心できない。その理由は目に見えない微生物の存在。それらが住みやすい環境にあると、食材は分解され変敗してしまい腐食してしまうのです。梅を入れる容器の消毒は、面倒でも実施する方がいい。何故なら、傷んでしまえばすべて台無し。
梅干しの保存

梅しごとの消毒は焼酎が便利。アルコールの選び方と注意点。

梅を漬けるときに消毒は欠かせいもの。とくに焼酎は安全で入手しやすく、便利なことからよく使われている。しかしアルコール度数の低いものは逆効果となるので注意が必要。梅の消毒で焼酎以外にはどんなものがあるのか、その選び方に条件などがあるのかも調べてみた。
梅干しの保存

梅干しを減塩して漬けるときに入れる焼酎や酢、これはなぜ?

梅干しを減塩で作るときに焼酎を足すのは、なにも殺菌のためばかりではなく、意味があって入れるもの。苦手だからとやめたりせず、どうしてもという場合には食酢を加える。梅干しを減塩で作るために使う焼酎は、塩漬けをしている期間の保存に欠かせないものなのです。
梅干しの保存

梅干しの保存には塩分が必要?少ないものはどうなってるの。

梅干しの保存性は塩分とともにあり、多ければ安心だし少なければ不安なもの。減塩にしたときにはどう維持しているのか、市販のものはどうなっているのかをそれぞれ調べた。梅干しの保存は塩分が重要。しかしそれを控えるなら、代替えの添加剤が増えるのは当然のこと。
梅干しの保存

梅干しが腐らない塩分はどのくらい?減塩するだけではだめ。

梅干しが腐らない程度の塩分量は、常温(冷暗所)か冷蔵で保存するかでもずいぶんと違う。しかし減らすばかりでは失敗するのが当たり前。それを補助するものがあってこそ。梅干しが腐らない最低の塩分はどのくらいかというけれど、保存性とはそれだけではないのです。
タイトルとURLをコピーしました