2019-07

梅干しの作り方

梅干しを漬ける量はどのくらい?基準をつくって考えてみよう

梅干しを漬ける量は人それぞれ。初めて作る時や、家族の人数や用途、一年分でどのくらい必要なのか。数から重量を計算したり、色々な方向から考えてみることにしましょう。梅干しを一度に漬ける量は、どういう作り方をするかでも違うし、保存性についても考慮します。
梅干しの作り方

梅干しのビニール袋での作り方は、特別な道具もいらず簡単。

梅干しをビニール袋で漬ける作り方は、特別な道具などを使わず、少ない量で試すことができる。初心者でも、とても気楽に始めることができて、思いのほか簡単でお手軽です。梅干しのビニールでの作り方は、管理なども楽なので、あまり家に居ない多忙な人でも大丈夫。
梅干しの作り方

梅の下ごしらえは、その後の漬け具合を決める大事な下準備。

梅の下ごしらえは、つくる前に淡々とこなす作業ではあるけれども、その方法によっては失敗したりカビを出してしまったりと、漬け具合を左右する重要な下準備でもあります。梅の下ごしらえは思いのほか大事なので、手を抜くこと無く丁寧に進めるほうが後が楽なのです。
梅干しの作り方

梅干の瓶での漬け方は、中が見えやすいので初心者もオススメ

梅干しの瓶での漬け方は、中身が見えるために状況がわかりやすく初心者にもおすすめです。できるだけ失敗しないで作れるように、こと細かく工程や説明などを記述しました。梅干の瓶での漬け方は蓋を開けてみなくても梅の変化がわかるので、とても安心で便利なのです。
梅干しの作り方

梅干しづくりのコツは、少し気をつけて基本をおさえること。

梅干の作り方のコツはとにかく梅をカビさせないこと。それには菌を減らし増やさないことが大切。それを踏まえた上で、工程の細かいことに気をつければ、失敗は避けられる。梅干づくりのコツはこれといって大きなことでなく、基本を押さえていれば間違いないものです。
梅干しの作り方

梅干しの工程で迷わないために、全体の流れを掴んでおこう。

梅干しの工程を書き出してみると結構な量になる。 けれど全てを一度に行うわけでなく、期間がながく空く部分もあるので、 ひとつずつの作業は見た目ほど大変ではないのです。 梅干しの工程は多いため、全ての流れをわかっているほうが迷いにくく、 失敗も少ないものです。
梅干しの作り方

梅干しを作る時期は梅の旬、地域で出回る頃を把握しておこう

梅干しを作る時期は、梅の旬。毎年ほぼ同じ頃。しっかり把握していれば、うっかり買い逃してしまうことは少ない。青梅~黄梅、赤紫蘇が出回るタイミングまで知りましょう。梅干しを作る時期は、気候差により地域によってずれがあり、漬ける順も変わる場合があります。
梅で手作り

梅の追熟には方法がある。あとは黄熟の判断がとても大切。

梅を追熟させる方法は簡単で、条件が揃えば順調に成熟をしてくれる。そしてどのくらい黄熟すればいいのかなどの見極めが肝心で、その時期を逃してしまうと失敗してしまう。梅は追熟する果物なので自然と熟していくが、その生理的な作用を知ると傷ませる心配は少ない。
梅で手作り

梅の選び方は、傷を見分けることまで知っておくと安心です。

梅の選び方とは、表面がきれいなものだけを探せばいいというものではなく、それよりも傷を見分けられるようになることのほうが大切で、とても有効なことのように思います。梅の選び方はそれを知るだけで随分と変わるし、無駄に廃棄する量も減るのではないでしょうか。
梅で手作り

梅のサイズの基準は好みでいいけど選ぶためには知っておこう

梅のサイズの基準は好みで選べばいいもの。だけど初めて漬ける場合にはよくわからないでしょう。どの大きさが作りやすくてそうでないのか、そこから決めてはどうでしょう。梅のサイズの基準は自分の中でも年を追うごとに変わるでしょうけれど、初めの一歩が大切です。
タイトルとURLをコピーしました