スポンサーリンク

梅干し作り失敗というのは、どんな状態で判断すればいいの?

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

梅干し作りを初めてやるなら、大きな楽しみと少々の不安があることでしょう。

梅干し作りは難しいとされますが、慣れてしまえばなんてことはないもの。
しかし慣れたからと気を抜いてしまうと、失敗してしまうことも。
なんとも厄介な梅さん。

しかし初めて作るなら、何が失敗でどんな状態なら大丈夫なのか。
そういったことがわかりにくいでしょう。
今回はそんな、梅干しを作る上での失敗とその判断、対処について書いてみます。

1. 失敗しないために
1.1 レシピ選び
1.2 工程を把握する
1.3 レシピを完遂する

2. 失敗かな?と感じたら
2.1 失敗だと判断する前に
2.2 調べる

3. これは失敗ではない
4.本当の失敗は
5. 失敗してしまう理由
6. 失敗しないための準備

7. 記録を残す
8. 後記

それでは順にいってみましょ。

1. 失敗しないために

1.1 レシピ選び

梅干し作りを失敗しないようにするためには、まずレシピ選びから。
レシピを選ぶというのは大事で、これと決めたら途中で変更するのは危険です。

レシピを選ぶ際には、作り方を見て自分で出来そうなものを選ぶこと。
そして、ある程度自分の希望に沿ったものを選ぶこと。

これは当たり前のことかも知れないけど、重要です。

1.2 工程を把握する

梅干し作りの工程は多く、日数もかかるもの。

梅干し作りに取り掛かる前に、レシピにある全ての工程に目を通しておきます。
全ての工程を把握しておくと、何かあったときに対処がしやすいからです。

逆に今やっている工程だけしか知らずにやっている場合。
行きあたりばったりになってしまい、何をやっているのかわからなくなりがち。
そして何かあっても気づくことが遅れたり、対処が出来なかったりしてしまいます。

1.3 レシピを完遂する

レシピを決めたら、その通りになぞること。
これは梅干し作りにおいては、けっこう大事なことの場合があります。

ひとつのレシピを最初から最後まで通してやる。
これは何をするにしても共通することですが、梅干し作りが初めての場合、特に気に留めておきましょう。

梅干しの作り方というのは多数あるので、方法が違うレシピを所々つまみながら作り進めるようなことをしてしまうと、さいあくの場合、梅を傷ませてしまうことになりかねません。

それは分量についても同じです。
減塩で漬けたいならば、始めから減塩梅干しのレシピを参考にすること。
通常の梅干しレシピの塩の分量だけ減らすなどをすると、失敗の原因になることもあります。

材料と分量は、漬け方・作り方に密接に関わることもあります。
初めての場合には、いきなり自分流アレンジをして作るというのはやめておきましょう。
それは梅に慣れてきてからにするといいでしょう。

2. 失敗かな?と感じたら

梅干しを実際に作ってみると、何かマニュアルと違う?ということが出てくる。
するとすぐに「失敗したかも?」という気分になるかも知れない。
けれど、まずは焦らないこと。

2.1 失敗だと判断する前に

まずは確認をしましょう。

(1) 現状の確認
・今の状態はどうなっているか
・本来ならどうなるはずなのか

(2) レシピの再確認
・材料と分量は合っていたか
・手順はあっていたか
・注意事項などはなかったか
・何か見落としていないか

2.2 調べる

本来あるべき姿と、自分で作っている現状のもの。
これに違いがあれば調べる。

(1) 同様の例がないか

・自分が今どの工程でつまづいているのか
・現状どうなっているのか

その状態に至るまでの過程をわかっている必要がある。
これも当たり前のことだけど、焦ってしまうと意外とわからなくなるものです。

(2) よく見て判断、全てを鵜呑みにしない

今はネットでいろいろな情報がある。
ここで注意が必要なのは、信頼できる情報を探すということ。

梅干しは、作り方だけでなくトラブル時の対処方法もいろいろあります。
同じ状態であっても、異なる対処方法で書かれていることも多いのです。

それはそれぞれのやり方というものがあり、どれも正解だったりもします。
しかし中には辻褄の合わない内容のものもあったりするわけで…
初心者さんは混乱してしまうことでしょう。

どれを信じていいかわからないときには、梅業者さんなどのサイトに書かれている、Q&A情報を優先するほうが確実かも。
業者さんでも手法が違うところもあるので、自分に合うサイトを探しておくといいでしょう。

3. これは失敗ではない

梅干しが完成したにも関わらず「失敗」と考える人が多いようです。
それは人それぞれに「梅干し」の理想のイメージがあるからなのでしょう。

特に市販の梅干しのイメージが強い場合。
自家製梅干しとの違いに驚き「失敗した」と思うことがあるようです。

基本的な手作り梅干しは、塩っぱくて酸っぱいもの。
市販の単体でも食べやすい「梅干し」を想像しているのなら、それは別物。
通常の作り方では同じものにはなりえません。
それを知っておきましょう。

ただ、作り方によっては手作りでも、それに近いものを作ることは可能でしょう。
市販のそのような梅干しは、やはり作り方が全く違うのですから。

基本的な作り方で作った梅干しは、保存食。
塩っぱい酸っぱいは当たり前。
皮や果肉が多少硬くなることもあるでしょうけど、完成すればひとまず成功。

そこから先、梅干しの仕上がりを追求するには、次からいろいろ試してみればいいでしょう。

4.本当の失敗は

本当に失敗したというのは、最終的に梅が傷んで腐らせてしまうこと。
そうなればもうどうしようもなく、廃棄するしかありません。

しかし初めての梅干しづくりでは、本当にダメなのかという区別はつかないもの。
もうだめかな思っても、救済する方法がある場合があります。

失敗したと思ったら、まずは状態を調べて解決方法があるのか探してみましょう。
それで本当にダメな状態だと判断が付けば、残念ながら廃棄となります。

そして何故そうなったのか、原因を考えます。

5. 失敗してしまう理由

失敗してしまう理由はいろいろあります。

・経験がない

初めてのときには何でもそうですよね。
何をどうしていいのやら、右も左もわからない。
よって、想定外のことが起こると対処できずに失敗してしまう。

・成功状態を知らない
・失敗状態を知らない

こうしたらどうなる、ということを知らないがために、そのまま突っ走る。
成功しているのなら順調ですが、失敗していても気づかず進めてしまうこともあるでしょう。

・レシピと違う解釈をしてしまう
・レシピを参考程度にして自己流が入る
・レシピを確認せず思い込んで進めてしまう
・レシピと違う状態になると失敗したと思ってやめてしまう

梅干し作りは、特に減塩や変わった漬け方で作る場合、全てレシピどおりにやるほうが無難です。何か一つを替えることによって失敗(腐敗)してしまうこともあるからです。
それは容器であっても、材料の分量であっても、手間一つにしてもです。

・あれもこれも参考にしてしまう

これはありがち?なのでしょうか。
いろいろなレシピのいいとこ取りをしようとして、あれもこれも参考にしてしまう。
そうすると何をどうすればいいのか、わからなくなってしまいます。
はじめから混沌としているし、これでは手順も何もわからなくなる。

初めて梅干しを作るときには、必ず一つのレシピを基に作りましょう。

6. 失敗しないための準備

冒頭でも書きましたが、失敗しないために気をつけておくこと。
失敗しないための準備についてまとめてみます。

(1) レシピは一つだけに絞る
始めから終わりまで、一つのレシピで通す。
ただ、途中わからない部分などは、参考程度に似たレシピなどで情報を得るのはOK。

(2) あらかじめ工程全体を把握する
全体が見えていると、途中であたふたしたり行きあたりばったりにならない。

(3) 梅を漬けたら確認を怠らない
目に付く場所(冷暗所で)に置いておく。
もしくは忘れないよう、見える場所に張り紙をしておく。

(4) マニュアルに書かれていることを省略しない
水切りや消毒など、ちょっとしたことだと感じても省略はしないこと。
それが重要なことの場合もある。

(5) 基本的に何かを代用することはしない
梅を塩漬けするときの材料や道具などの代用は基本的にはしないこと。

・たとえば梅を漬ける容器
瓶ではなく樽を用いたいなら、始めから樽を使ったレシピを探すこと。
容器の違いは結構重要。対して、干すときの道具などは代用品でも大丈夫。

(6) 注意書きなどがあれば読んでおく
レシピや指南本などは、注意書きがさらっと書かれていることもあります。
細かい情報も取り漏らさず、一通り読んでおくといいですね。

7. 記録を残す

梅干しを作るとき、記録を残すのはいいことです。
というより、役に立つことなのでおすすめしておきます。

いつ、何をどうしたのか。
最低限の情報でいいので、メモ帳でもノートにでも書いておきます。
これは、梅干し作りで異常を感じたときにも役立つのです。

梅干し作りは日数がかかるもの。
そして工程も多いので、いつ何をやったか覚えているつもりでも、そのうち曖昧になる。
複数漬けた場合はごちゃごちゃになってわからなくなる。
初めて漬けた場合には尚更かなと思います。

情報を整理しておくと、梅を漬けてからの日数がはっきりするだけでも違うし、あとからどうだったかなと思い返すこともできるので、トラブルが出たときにも重宝します。

いざ異常が出てしまったとき、何をいつどうしたのかが不明だと、原因を探りようもない。原因がわからないと、次も同じことを繰り返してしまうおそれがあります。

そういった理由で、記録というのは残しておくほうがいい。
できれば一冊、専用ノートやメモ帳を用意しておくといいでしょう。

8. 後記

今回は梅干しの失敗、ということについて書いてみました。

だれしも失敗はしたくないもの。
梅干しを作るのに失敗してしまうと、梅も材料ももったいないし。
それにせっかく楽しみに作るのだから、失敗しないほうがいいに決まってる。

てことで。
ものを作る上では当たり前なんだろうな、ということも書いてみました。
そんな当たり前のようなことでも、うっかりやってしまいがちなのですよ~人間てのは(笑)

私もいろいろ心当たりが…です(^^;)

とにかく初めて作る場合には、選んだレシピが第一。
そのレシピを基に作ったけど、想像していた梅干しと違うー!というのはよくあることでしょう。そんなものです。

好みの梅干しレシピを一つ選ぶ。
選んだ梅干しレシピを忠実に作ってみる。
それがまず最初の梅干し作りの軸になります。

一度作って完成させることができれば、各工程での成功のイメージがわかる。
それからまた別のレシピで作ってみてもいいし、梅の扱いに慣れたなら自分なりのアレンジを入れてみてもいい。

どうすれば成功で失敗なのかわかってくれば、最悪の失敗「傷んで廃棄」ということは殆どなくなるのですから。

それでは今回はこのへんで。
長くなりましたがここまでお付き合いくださいましてありがとうございます。

あなたの梅干し作りが、うまいこと出来上がりますように~ヽ(´ー`)ノ

タイトルとURLをコピーしました