のらうめ

梅と食

梅干しが酸っぱいのは何故?理由は簡単!素材そのものだから

梅干しが酸っぱい理由は、素材の味がそのまま残っているから。梅は果物なのに甘くなく、主な成分はレモンと同じでクエン酸が多く含まれている。これを塩で漬けているだけ。梅干しが酸っぱいと感じる理由はそれだけではなく、加工や食べるタイミングでも変わってくる。
梅と食

梅干しが苦手でも克服したい!無難なところから試してみよう

梅干しが苦手なんだけれど克服したいというならば、まずはなぜ嫌なのかという理由を考えてみよう。そしてそれを除外していき、無難なところから試していくといいでしょう。梅干しが苦手でも克服はできるので、食べられないという意識から離れて少しずつ慣れていこう。
梅と食

梅干しを食べると歯が痛いのは何故か?その原因はおもに2つ

梅干しを食べると歯が痛い!その原因はおもに2つ考えられる。ひとつは生活習慣によって起きる酸蝕歯。そして次にガルバニー電流という口腔内に金属があることによる現象。梅干しで歯が痛いのはそれらの理由によるものなので、つらさの度合いも症状もそれぞれ異なる。
梅と食

梅を食べてアレルギー?体に良くても人によってはアレルゲン

梅を食べるとアレルギーのような症状が出るということがある。一般的には体に良いとされる食材であっても、人によって体質により受け付けられないアレルゲンになるのです。梅がアレルギーの原因と思っていても、実は他の物質が反応していて違うという場合もあります。
梅の食品

梅干しの無添加という表示は要確認。具体的に何を示すのか。

梅干しの無添加という文言。他の食品にも言えることですが、気をつけて表示を見ていかなければ、表向きのイメージに踊らされ意図しない商品を選んでしまうことがあります。梅干しの場合も無添加という言葉だけでは、具体的に何を差すのかがわからない曖昧な表現です。
梅の食品

梅干しの見分け方は、パッケージではなく原材料表示に注目。

梅干しの見分け方というと、パッケージなどの表向きの表示を見てしまうことがあるでしょう。しかしそうすると売り文句につられて間違った見方をしてしまうことがあります。梅干しの見分け方は簡単、材料表示を確認すること。一体何が使われているのかが大事なのです。
梅の食品

梅干しに使われる添加物もさまざま。注意深く見てみよう。

梅干しに使われる添加物にはいろいろな種類がある。表示が免除されるものもあれば、イメージをすり替えられているにすぎないと思えてしまう物質なども使われているのです。 梅干しに限らずですが、添加物ではなく食品の部類とされるものでも、注意深く確認しましょう。
梅の食品

梅干しに食品添加物は必要か。調べるほど不安が残るものも。

梅干しに食品添加物は必要なのか。本来は長期保存のきく食品であるために不要に思えるが、塩分を抜くことによって失った保存性を補うために、使わざるを得なくなっている。梅干しに食品添加物を使う理由はもう1つ。そして安全性について不安がないか気になるところ。
梅の食品

市販の梅干しをまずいと感じるのは当然、それは別物だから。

市販の梅干しをまずいと感じるのは、あなたが昔ながらの味を知っているからでしょう。市場に出回るものの多くは減塩をうたい、本来の風味を無くして後に調整されるのです。市販される梅干しがまずいのは当然のこと。塩分どころか従来の成分も抜けた別物なのですから。
梅の食品

調味梅干しとはどういうものか、ラベルを見て選びましょう。

調味梅干しは、昔ながらのものとは違うため、栄養や効果などを求めるのならよく知って選ぶようにするといいでしょう。一見して値段の安い高いだけではわからないものです。調味梅干しの多くは、塩分を減らす目的の加工の段階において、よい成分も抜けてしまうのです。
タイトルとURLをコピーしました