梅干しの保存は冷暗所・期限なし。しかし減塩ではいろいろ。

梅干しの保存

梅干しの賞味期限は長いもの短いものいろいろ。その理由は。

梅干しの賞味期限というのは、本来は無いようなもの。しかし市販のものでは、1年や3年、5年以上とする表示もあれば、3ヶ月という短いものも。この違いは一体何なのか。梅干しの賞味期限は、作り方や材料の分量、どう処理をするのかによっても、違ってくるのです。
梅干しの保存

手作り梅干しの保存はいくつか方法があるので試してみよう。

手作り梅干しの保存方法はいろいろ。そのまま容器におさめたり、入れる前に一手間加えたり。どの容れ物を使うのか、その後の置き場所はどこにするのか、選択肢は複数ある。手作り梅干しの保存性は漬け方によって違ってくるので、心配ならば安全な手段を選びましょう。
梅干しの保存

梅を置く冷暗所とは、どんなところ?冷蔵庫ではいけないの。

梅を置くための冷暗所の選択は大事。他の食材ではいいとされているところでも向かないことがある。なぜか失敗してしまうときには、保管する場所が合わないことも考えます。梅と冷暗所は、作るときも保存・熟成時にも関わりがあるために、最適なところを選びましょう。
タイトルとURLをコピーしました