梅で失敗する原因はさまざま。一体何に気をつければいいの?

梅で失敗

手作り梅干しが腐るのはどうしてか。経験上での失敗と原因。

手作り梅干しが腐るというのは、充分な塩分があれば起こりにくいこと。減塩すればもちろん保存性は落ちる。しかし具体的にはどんなことで、どう失敗してしまうのでしょう。手作り梅干しが腐るには、それだけの理由がある。経験上の経緯と結果から要因を考えてみます。
梅で失敗

梅につくカビの対処は早めが肝心。状態により処置は異なる。

梅についたカビの対処は早いほうがいい。放置すればどんどん侵蝕されて質が悪くなり、最悪はすべて廃棄となる。そうならないためにも、ときおり様子を見ておくことが大事。梅のカビに対処するためには、まず見分けることから。その状態によって、処置の方法は異なる。
梅で失敗

梅干しは塩の量を減らせばカビが付く。それを防ぐためには?

梅干しは塩の量でカビが付くかどうかが変わってくる。しかしいろいろな手法を使って漬けることで、たとえ減塩であっても、それを防いだ上で無事に完成させることができる。梅干しの塩の量が少なくカビが発生しやすいのならば、他のもので補い保存性を高めるしかない。
梅で失敗

梅を使って失敗しないために、3つの基本と注意点を守ろう。

梅で失敗しないためには、基本的にやってはいけないことをしないこと。そのいくつかの注意事項を守りつつ作るのならば、傷んでしまうことなく、仕上がってくれるでしょう。梅を使って失敗しないためには、漬け込んだ後も忘れることなく、様子を見てあげることも大事。
タイトルとURLをコピーしました