梅を使って手作りする前に、知っておくと便利な基本的な事♪

梅を使って手作りしたいものは?

梅を扱う目的は、それぞれにあることでしょう。
梅で何を手作りするにしても、知っておくといいことがあります。

それは梅の実そのものだったり、梅を扱うための道具についてだったり。
梅というものは少々独特な性質があるので、それらを知っているかどうかで結果が違ってくることがあります。

知っていることで失敗を回避できたり、うまく仕上がったり。
あるいは知らないことで失敗につながってしまうこともあります。

梅を使った手作りを始める前に、知っておくと安心なことを抑えておきましょう。

梅しごと

梅についての一連の作業のことを、一般的に「梅仕事」といいます。

梅の実を収穫し、漬け込んだり干したりと、梅にまつわる全ての作業を指して使う言葉です。
その梅仕事に欠かせない梅の実は、一年のうちに限られた時期にしか収穫できないもの。

梅の実の旬の時期には、梅干しや梅シロップ、梅酒などを漬け込みます。
梅干しなどは一年を通して日常的に使うので、一年分の量をまとめて作るとなると大仕事になるのです。

しかし少量からも漬けられるので、あまり構えずに手軽に試してみることもできます。
たとえ量は少なくとも、失敗するとやはり嫌なもの。
なるべくそんなことにはならないよう、仕上げたいものです。

梅仕事の段取り

何をするにしても、まずは目的を決めて作っていくことになります。
何をどの方法で、どのくらいの量を漬けるのか。
また、そのためにはどうすればいいのか。

何かをする時には誰しもが自然にやっていることですが、わざわざ文章で書くと大それた面倒なことのように感じますね(笑)

でも、大丈夫。
好みや自分の要望を軸にして決めればいいのですから。

・梅を使って何を作るか「目的」を決め
・どのくらいの「量」を
・どの「道具(容器等)」を用いて
・どの「方法」で作るのか

しかし初めて作るのであれば、何をどうしたいかなんて言われても、漠然としか考えられないですよね。

何を作るにしても共通しているのは「梅」と「使う道具」。
この2点についてはまず知っておきたいところです。

梅を扱う

梅についての基本を知っていれば、失敗を極力避けることが出来るでしょう。

梅を扱うために知っておくといいこと3つ。
・梅の性質
・梅のサイズ
・梅の選び方

梅の性質については一番重要で、梅の性質を知っていれば失敗しなくて済むことはたくさんあります。
これを知らないからこその失敗、というものが多いということです。

特に梅は難しいということではなく、扱ってみると実感としてよくわかることばかりです。
わかるというのは失敗を通してわかる、ということなので、うっかりやってしまうと傷んじゃうよと(笑)

なので、事前に知っておけば判断に悩むこともないし、何かあっても慌てることもない。
たとえ梅を傷ませてしまったとしても、理由がわかる。
理由がわかれば、同じ失敗は避けられるし、次に生かすことができる。

そして梅の性質の他にも、サイズや選び方についても知っておくといいでしょう。
梅を漬けることに慣れてくると、自分の好みのものが作りたいと思うようになるので、サイズや梅の選び方について知っていれば役立ちます。

梅に使う道具

道具については、はじめからいろいろ揃える必要はないです。
梅仕事に合うもので、家に代用できるものがあればそれを使えばいいでしょう。
毎年続けようと思えば、必要なものを揃えていくようにするといいですね。

主に必要となるのは、梅を漬けるための容器と干すための道具。そのくらいでしょうか。
梅しごとに使う道具はその他にもありますが、それらはたいがい家にあるもので充分です。

梅を漬けるための容器については種類も大きさも様々。
昔から使われている定番の容器から、近年多く使われる便利な容器までいろいろ。

梅の性質は独特なものがあると言いましたが、これも道具選びに繋がります。
中には梅仕事には使わないほうがいい性質の道具などもあるので、知っておきましょう。

梅を漬ける容器について知っておくといいこと。
・容器の性質
・容器のサイズと種類
・容器を使う上での注意事項など

容器については毎年使うものなので、使い勝手などを考慮する必要があります。
どのくらいの量を漬けるのか、どの漬け方が自分に合っているのかで選ぶものが違ってくるのです。

毎年漬けるつもりでなかったり、ただ試しに梅を漬けてみたい場合には、低価格で保管場所も取らず、便利に使うことができるものもあります。
道具を持つには保管場所なども必要になるし、物によっては高価なものもあるので慎重に選びましょう。

おそらく多くの人が初めに使った容器を継続して使う傾向にあると思います。
しかし慣れてくれば、違う容器を使って漬けるのも楽しいものです。

梅とセット?のような赤紫蘇について

梅で手作りしたいと思うものの中で、一番難易度が高そうだと思われている、梅干し。
この梅干しのお供の定番といえば、赤紫蘇でしょう。

この赤紫蘇についても知っておくといいことがあります。
梅干しに入れる時期とか、どう処理して入れるとかね。

これも一見面倒に思えますが、やってみるとなんてことはないな~と思います。
やはり処理の手間は当然かかるのですが、食べる楽しみを考えると入れておきたいものです。

もちろん好みがあるので、入れても入れなくてもどちらでもかまわないものですけどね。

赤紫蘇は色付けの目的で使われますが、梅と一緒に漬けた赤紫蘇が好き!なんならこれ目的で漬ける!という方もいらっしゃいます(笑)
興味があれば、基本的な処理の仕方などを知っておき、いい赤紫蘇に出会えたら一緒に入れてみるといいでしょう。

後記

知らないよりは知っておくといいこと。
それらはちょっとしたことだったりもするけれど、失敗を回避するための役に立ち、自分好みに近づけることに繋がるでしょう。

梅を手作りするための詳細記事は下記からどうぞ。

あなたの梅ライフのご参考になれば幸いです。

梅で手作り

赤紫蘇の下ごしらえとアク抜き。基本的な手順と簡易な方法。

赤紫蘇のアク抜きをするのは、エグみや渋みを抜くのは勿論のこと、梅をきれいに赤く染める目的がある。その方法は1つではない。一般的なものから、ちょっと違うやり方も。 赤紫蘇のアク抜きは、塩を使うかどうかも含めて、いろいろ試してやってみるのもいいでしょう。
梅で手作り

赤紫蘇を入れるタイミングは、梅の時期との兼ね合いと好み。

赤紫蘇を入れるタイミングは、梅の時期との兼ね合いで決まることもあれば、好みで選んで決めることができる場合もある。それは大きく分けると3パターンがあり地域による。赤紫蘇を入れるタイミングが、梅干し作りの工程においてどこに差し当たるのかが決め手となる。
梅で手作り

赤紫蘇の時期も地域によるため、梅との頃合いを見ておこう。

赤紫蘇の時期は地域によって違う。梅干しを漬ける工程に合わせて丁度よく出会えればいいけれど、うまくいかないことも。そんな時にはちょっとした対処をしていきましょう。赤紫蘇の時期が前後したとしても、柔軟に対応すれば、無事に作り上げることができるでしょう。
梅で手作り

梅のアク抜き、一度はみんなが失敗している要注意ポイント。

梅のアク抜きは簡単そうでいて、じつはみんなが一度は失敗している要注意の工程。本当に必要で、どのくらいの時間が適切なのかという見極めが大切なのだが、これが難しい。梅のアク抜きは、状態によってはしなくてもいいものだし、やらないという選択もありなのです。
梅で手作り

梅の洗い方、その方法と事前にやること、気をつけたいこと。

梅の洗い方は決まり事はないものだけど、ちょっと気をつけておきたいこともある。うっかりやったことから出てくる失敗もあるので、やってはいけないことを踏まえておこう。梅の洗い方で注意しておくことは、梅の熟度と順番、あとは傷つけないように優しくしましょう。
梅で手作り

梅の追熟には方法がある。あとは黄熟の判断がとても大切。

梅を追熟させる方法は簡単で、条件が揃えば順調に成熟をしてくれる。そしてどのくらい黄熟すればいいのかなどの見極めが肝心で、その時期を逃してしまうと失敗してしまう。梅は追熟する果物なので自然と熟していくが、その生理的な作用を知ると傷ませる心配は少ない。
梅で手作り

梅の選び方は、傷を見分けることまで知っておくと安心です。

梅の選び方とは、表面がきれいなものだけを探せばいいというものではなく、それよりも傷を見分けられるようになることのほうが大切で、とても有効なことのように思います。梅の選び方はそれを知るだけで随分と変わるし、無駄に廃棄する量も減るのではないでしょうか。
梅で手作り

梅のサイズの基準は好みでいいけど選ぶためには知っておこう

梅のサイズの基準は好みで選べばいいもの。だけど初めて漬ける場合にはよくわからないでしょう。どの大きさが作りやすくてそうでないのか、そこから決めてはどうでしょう。梅のサイズの基準は自分の中でも年を追うごとに変わるでしょうけれど、初めの一歩が大切です。
梅で手作り

梅のサイズと重さと個数。その目安を知っておくととても便利

梅のサイズは規格で決められたものがあり、それごとに一個あたりの重さや、一キロあたりの個数の目安がわかります。これを参考にすると、漬けたい量も決めやすいでしょう。梅のサイズは自然のものを機械で選別。多少の誤差は出るけれど、わかりやすい方法の一つです。
梅で手作り

梅の酸で金属は腐食?道具の性質を知って便利に使い分けよう

梅の酸で金属の道具は腐食するから使ってはいけない。そう聞いたことがあるでしょう。実際に梅干しを漬けるときに、うっかり使ってしまうとサビが出て台無しになることも。梅の酸で金属を痛めるからと全て使用禁止するのではなく、あることを守り使い分ければ大丈夫。
タイトルとURLをコピーしました